FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
よくぞ日本沈没ファンに産まれけり。
浅草東宝が閉館することに。ってゆーか、今まさに目の前でズバッと閉館した。ズバー!
老舗で、しかもマニアックな特集上映を組んできた映画館だった。
自分も学生時代にクレイジーキャッツ特集のオールナイト上映を見るために足を運んだものだ。
固定ファンも少なくなかったことだろう。

しかしそれは付随的なことなんですよ!
私はそんなノスタルジックな気持ちにひたるために、わざわざここまで来たんじゃないんですよ。
映画館の最後にわざわざ付き合うほどヒマじゃないってことですよ!
問題の本質は、
『日本沈没』が上映されてるかどうかなんですよ!
(・・・言い切った!我ながらカッチョええ・・・ハアハア)
この続きを読む
スポンサーサイト
けーむりーもみーえずー
20060131214823
くーももーなくー。

次回の上映はありません。
さようなら浅草東宝。

劇場の人に「今日のタイムテーブルとかってもらえませんか?」と聞いている若い男の人がいた。
劇場の人は「差し上げたいんですが、みなさん欲しがっているので」と答えていた。
DMハガキをごうわくさんと酋長に渡す。
昨日送信できなかったメールを再送信。
結構な数が行き先不明で戻ってくる。
ゲイシャ13のDMハガキ
プルダウンメニュがうまく動作しなかった『ゲイシャ13』の公式サイト(http://homepage2.nifty.com/DA-KIKAN/geisha13/)だけんど、
いろいろ調べてなんとか動くようになった。
いままではプルダウンメニューで選択してボタンを押してもウンともスンとも言わなかったのだよ。
どうもひとつのページにふたつのプルダウンメニューがあって、スクリプトを共有してるとダダをこねるらしい。すんごい大雑把な言い方だけど。
でも、これ、自分が使ってるauの携帯で見るとボタンが押せないんだよなあ。
ちうことでバタバタバタッと携帯用サイトもこしらえてみた。
http://homepage2.nifty.com/DA-KIKAN/geisha13/text_only.htm

ほいで、家に帰ったらDMハガキが印刷会社から届いておったので
さっそく宛名を印刷。ちうか、その前にリストの整理をしなくちゃだわ。
ウチのプリンターはそんなに使っていないんだけど、どうも紙の送りがうまくいかない。
ハガキを何枚かトレイに乗せておけば、一枚ずつ機械の中に取り込んで行ってくれるのだけど、ちょっと目を離すと中に取り込むのをさぼってしまう。
だもんだから、ずっとプリンタの前で見張っていないといけないのだ。どういうことよ。

そんなこんなで3時間くらいかかって印刷終了。
年末年始もあったからスケジュールは全体的にちょっと遅れ気味だけど、こうやってひとつひとつ確実にこなしていくしかねえんですよ。おし、がんばろ。
『悪魔人間十番勝負外伝』のリテイク作業
ようやく出来上がった『ゲイシャ13』の公式サイトだけれど、
まだまだ作らなくてはならないページがあって、
さらにプルダウンのリンクがうまく機能していないという欠陥があり、
暇を見つけてはいろいろいじってみるがうまくいかない。

帰宅後は『悪魔人間十番勝負』のエセエフェクツのリテイク作業。
『シネマ秘宝館28』で上映したものは一部コマがだぶってたり、
光線と背景がうまく馴染んでいなかったりで、多少悔いの残る出来だったのだ。
『ゲイシャ13』の宣伝もドンドン進めなければならないが、
こちらも約束なのでおろそかには出来ないのだ。
とりあえず変身シーンとビームを出すカットの作業が完了。
あと2カットだわ。
プレミアの不調は続くの
いぬぞさんデザインの『ゲイシャ13(サーティーン)』のDM用ハガキがようやく校了。
データを印刷屋さんに送ってもらって、私の手元に届くのは来週月曜とのこと。
いぬぞさんお疲れ様でした!
それまで今一度お客様のリストを整理しなくちゃだわ。

そんでそんで、今度は『芸社13』の案内WEBサイトを作らねばならないところだけんども
パソコンの映像編集の不調が気になって、まずはそちらから片づけることに。



・・・・今何時だ?


3時半過ぎてますな。


…過ぎてますがまだ直りません。
いまだに変な四角いブロックノイズが出ますよ。
いやー、良く見ればキレイだわあ。キラキラして。

…………いや、見とれてる場合じゃねえんですよ。

映像書き出しの設定やらなんやらアチコチいじってみたのだけどダメ。
ダメなもんはダメ。
どうやらアレだわ。
結線の問題とかではなく、パソコンの性能がOSのアップグレードに追いついていないせいではないかと。

ちうとアレか。
もう買い換えた方がええ、
ということでしょうかどうでしょうか。
いっそマカーに転向するかなどとも考えたりして。嗚呼。
タイトルなし
結局昼過ぎまで寝てしまいましたとさ。
それから昼飯も食わずにゲイシャ13の予告篇をシコシコ作製。
まあなんとか開演時間には間に合いそうだけど、約束の18時は無理だわあっちゅうことで赤目先生の携帯に連絡を入れる。
編集は楽しい。いくらでも手間をかけたい。どの辺で見切りをつけるかが難しい。
そうしてる間にいぬぞさんからフライヤーのデータがメールで送られてきた。うん。流石はいぬぞさん。

なんやかやと言いながらなんとか編集を終えて、テープに録画することに。ここからが問題なんですよ。
もう何が悪いのかヨクワカラナイのだけど、完成した映像をテープに録画すると四角いノイズが出るんですよ。常時出ているわけではなく、カットの繋ぎ目になるとパパッと出るような感じ。

ケーブルが断線している可能性もあるから、録画用のカメラと映像出力するパソコンを繋げていたDVケーブルを新しいものと交換して録画開始。
やはりダメ。ブロックノイズが出ますよ。
今度はWebで見つけた方法を試してみることに。DirectXを最新版にするのですよ。
結果。やはりダメ。
とりあえず録画したテープを持って、いぬぞさんから送られてきたフライヤーのデータを印刷して出発ですよ。
そんなこんなバタバタしながら「宣伝の機会をもらっていながらアウトマンラボの上映会の応援が出来なかったなあ」と後悔。なさけないよおとうちゃんは。

さておき、諸問題を含みながらも暫定的に出来上がった予告篇だけど、これを上映するのはちょっと抵抗がある。やはりノイズが興を削ぐのではないかと思うのですよ。せっかく作ったとは言え、かえって逆効果になってしまっては問題だわ。
そんなことを考えながら、嗚呼、次は渋谷ですよ。
もう朝か、みんな寝なさい
明日。ちうか今日の夜7時半からの『アウトプッツ』で『ゲイシャ13』の予告編をかけさせてもらえることになった。
で、たったいま素材をPCにキャプチャーし終えたところだわ。
とりあえず2~3時間寝ますわ。
間に合うのか?んんんん。
素直に驚く。
暫定的UP

仕事の帰りに地下街の古本屋に寄った。
そこで私は一冊の本をまるまる立ち読みしたのだった。
それは今公開中の『男たちの大和』を作った角川春樹氏が大麻所持で逮捕され、二年ほど服役した後に出所した後に出版した彼自身の半生を語る本だった。
その中で角川氏は自身を「スサノオノミコト」と語る。
『宇宙戦争』を観たよ!
暫定的UP

・本日より仕事始め。部内で出社は自分だけ。
・退社後、池袋新文芸座で『宇宙戦争』を観る。
・帰りのコンビニで『ビッグコミック・スピリッツ』を立ち読み。
 新連載のマンガ版『日本沈没』が巻頭カラー。
 新宿の居酒屋の床が抜けるOPに「これでええんか?」と驚愕。
 『宇宙戦争』なんて観た後だからその落差に呆然。
子供にとっては深刻な問題でございます。
甥っ子が遊びに来て、自分が通う小学校についていろいろとお話ししてくれた。いいね。楽しいね。
ところが今、クラスで話題になっているのはあまり楽しいことではないらしい。
甥っ子によれば「あと30年で世界のエネルギーが全部無くなってしまう」のだそうだ。
その話をしたのはクラスの先生で、おそらく社会科の授業にでもそんなことを話したのだろう。
甥っ子は「電気無くなったらどうしよう」と今から既にブルーだ。
「いや、それはね、電気の無駄遣いをやめようねって、先生が教えてくれてるんだよ」と話すが、インパクトが強すぎて話の重要なポイントが見えなくなっているようだ。
しかしそれは無理もない話だ。なんとすればこの私も今を去ること30年前に同じようなショックを受けて、我が身の行く末を憂いたものだった。
嗚呼、今目の前にいる甥っ子も私と同じような道のりを歩んでいるのかと思うと感慨も一塩である。

・・・まあ、彼にとってはそれどころじゃないんだけど(笑)


しかし、それを上回るショッキングな情報が彼のクラスを襲っていたのだった!


「 今 年 の 夏 、 日 本 が 沈 む ら し い ・ ・ ・ 」




私「それはマヂで言ってるのか?」
甥「だってテレビでやってたもん」

私「・・・・。」
甥「どうしよう・・・。」

私「どうしようって・・・。」
甥「今から水泳とか練習しなくちゃ」

私「いや、それは・・・。」
甥「ねえ、何秒間息止めていられる?」

私「オレ?」
甥「うん。(地面が)沈んでも(自分が)浮かび上がるまで息をガマンできれば大丈夫だよね」

私「・・・・、あ・・・あたま・・・いいなあ(呆れてる)」
甥「ねえ、なんで日本が沈むの?地震?」

私「それは付随的なことで・・・(この言い方がクセになってる)」
甥「ねえ、潜水艦とか買おうよ。潜水艦なら沈んでも平気だよね」(←子供の発想炸裂中)
『ドラゴンヘッド』が(予想通り)放送中止に。
12月30日の深夜に放送される予定だった『ドラゴンヘッド』の放送が中止になった。

『ドラゴンヘッド』は累計650万部の大ヒットコミックスを原作とし、
ウズベキスタンで大掛かりなロケセットを作ることでスケール感を出そうとした意欲作ではあったが、全体的な出来の悪さのせいで大コケしたようだ。

主人公らが乗った新幹線が脱線する冒頭からして、時節柄放送出来ないのではないかと懸念していたが予想は的中し、あえなく放送中止と相成った。(あくまで私個人の創造ですよ)

この作品には、さまざまなディザスターイメージの創出に『日本沈没』を監督する樋口真嗣氏が関わっており、それ自体は高い評価を受けていたようなので、『日本沈没』の予習にと個人的に楽しみにしていたのだ。
しかし放送中止は妥当な判断であろう。
あの脱線事故の映像見てると辛くなるもんな。

そこでだ。
私が新年を迎えるにあたって心の底から祈っていることは
今年7月公開予定の『日本沈没』が天変地異などの災害により上映中止になりませんようにって事だ。
でっかい地震とか津波津波などが起こりませんようにと心底祈っております。いやマヂで。
どうかみなさんが健康のうちにこの『日本沈没』という“絵空事”を楽しめる日が来る事を深く祈念して、新年のご挨拶とさせていただきます。




・・・・ってなんだこの挨拶(笑)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。