スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
水天宮神社
20070627164326

【GPS情報】
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=0&unit=1&lat=+35.68364&lon=+139.78535&fm=0

スポンサーサイト
ひねきタンも登場!『人間椅子』公開記念プレイベントのお知らせ!
公式サイト(http://www.artport.co.jp/movie/rampo/)の中でも触れていますが、『人間椅子』でプロデビューする佐藤圭作さんのアマチュア時代の作品をまとめて上映するイベントが今週の日曜にあります。

■日 程 6月24日(日)
■時 間 17時開場 17時半開映 (21時終演予定)
■会 場 BABACHOPシアター
(高田馬場駅下車徒歩約10分)
東京都新宿区下落合1-7-11 栄新ビル1F
■入場料 1,000円(当日券のみ)
『時代劇の間違った見方』終了!
正確には『韓国まんがまつり』のメンバーによるスピンオフイベントという位置付けなんだろうけど、
観ているだけの自分からすればそれはどうでもいいことで、出ているメンバーがほとんど同じなんだから私の中では『韓国まんがまつり』ってことで。
まあ、メンバー的には明確な線引きがあるのだろうけどね。

で、前回の『韓国まんがまつり』同様、今回も楽しく拝見いたしました。
上映される時代劇の“あんまりな”表現の数々に、次々に入るボケとツッコミ。もう何度も腹を抱えました。みんな上手いなあ。
あとこれだけの物を自分で探して観ようと思ったら、いったいどれだけの時間と手間がかかることやら。
そういった意味で『韓国まんがまつり』系の映像紹介イベントは私にとっては重要なのであります。
次回も期待しております。楽しい時間をありがとうございました>メンバーのみなさま。
エロチックサイト作りました。
『芸社inボカン vol.20』、一人の犠牲者も出すことなく無事に終了いたしました。ご来場の皆様、本当にありがとうございました。そしてお疲れ様でした。

私は帰り道に創造主監督のあの唄が頭の中をエンドレスで流れて、相当難儀いたしましたが、皆様はいかがだったでしょうか?
・・・・と、書いた時点でまた甦ってきました。泣きたいです。


それはそれとして、どの作品もとうてい自分では作る事が出来ない超絶技巧を駆使した作品でした。
作り手が「これを作らないうちは死ねない!」と叫んでいるような気迫が、そして凄みというものが伝わってきました。
作品を貸して下さった製作者のみなさまに深く御礼申し上げます。本当にみなさんは素晴らしいと思いました。
あと、あのような作品ばかりを集めてプログラムを組んだ死神酋長@ダー機関の人は「変態」だと思いました。お疲れ様でした。


ええと日記。
山手線大混雑
芸社定例会。
『人間椅子』の公開を月末に控えた「さとけい」氏が来て、公開記念上映会の打ち合わせ。
同伴の女性スタッフが何かと気をきかせてくださった事もあり、楽しいひとときを過ごす事が出来た。感謝。

山手線が遅れている。
ちゃんと家にたどり着くのだろか。

と言いつつ、そういう状況を楽しんでいたりもする。
そろそろ乗り換えだ。
。以下後日。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。