スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
『伊勢田大博覧会』にご来場いただきまことにありがとうございました!
「最近の芸社のイベントは上映に関わるトラブルがないじゃないか」とお嘆きのみなさまを、またも嘆かせてしまうイベントになってしまったのは心から申し訳御座いません。
「音が出ない!」くらいの、なにかしらのトラブルがあった方が芸社のイベントらしくていいと思ったのですが。

そんなわけで、ロフトプラスワンさまでの『伊勢田大博覧会』も無事終了いたしました。
ご来場いただいたみなさまに深く御礼申し上げます!

iseda_geisya_0517


開催にあたり、多くの方々の応援に励まされました。
宣伝協力をして下さった方、ブログで取り上げて下さった方、皆さん、本当にありがとうございました。
チラシを折り込ませて下さったイベントの主催者のみなさまにも御礼申し上げます。

今回は今まで4回に渡り開催させていただいた『伊勢田博覧会』の再構成ということもあり、今まで来てくださった方は今回は来てはいただけないのではないかという懸念がありましたが杞憂に終わったようです。長年に渡り『伊勢田博覧会』を支えてくださった常連のみなさまが来てくださったのが心強かったです。ありがとうございました!
また、竹熊健太郎さんが『たけくまメモ』で取り上げてくださったこともあって、初めて伊勢田作品をご覧になる方も大勢来てくださったのが主催者、というよりもむしろ“伊勢田信者”としては泣くほどうれしいことでした。

その竹熊健太郎さんですが、“ゲスト”なんていうレベルじゃないくらいに関わって下さいました。
なんといっても信者中心の「伊勢田マンセーイベント」ですから、わざわざストレートに厳しい事を言ってもブチ壊しになってしまいます。そういうところを心遣いのある言葉で的確にコメントしてくださるのはありがたいことでした。
いろいろ含蓄のあるお言葉をいただいたのですが、
「こういう天才はたぶん他にもいるのだと思う。そういう意味で供給はあるけど、残念ながら需要がない」
というくだりは、これは一度でもモノ(文章でも絵でも写真でも洋服でも)を作ったことのある人ならグサッと来るところではないかと思いましたが、みなさんはいかがでしたでしょうか。
竹熊さんのおかげで今回の『伊勢田大博覧会』は我々芸社の「伊勢田マンセー」だけでは終わらないイベントになったと思います。竹熊さん、本当にありがとうございました!

それから映像温泉芸社としては今回初めてロフトプラスワンさんでイベントを開かせていただいたのですが、舞台に向かって右手の“ひな壇”にスクリーンを設置して、ふたつのスクリーンでの上映をさせていただくなど、なにかと手間のかかることをやりたがる我々のわがままを快く聞いていただきました。プロデューサーの斎藤様をはじめとするロフトのスタッフの皆さまに感謝申し上げます。
夜の部がなかったらみなさんも一緒に打ち上げに参加していただき、一緒に飲みたかったですねえ。

会場内限定で販売したグッズも好評で、あっという間に売り切れてしまったようです。
お買い求めいただいた皆さんに御礼申し上げます。
この収益金はすべて伊勢田さんにお渡しし、これからの創作活動に役立てていただきたいと思います。

最後になりますが、伊勢田勝行さんと、伊勢田さんを支えているスタッフの皆さんに深い深い感謝を。本当にすばらしい作品をいつもありがとうございます。これからもよろしくお願いいたします。

さて、次回の『伊勢田大博覧会』がすでに決定しております。
なーんだ、やっぱ決まってたんじゃん!なんて言われるかもですが、今回の集客次第では考え直さねばならなかったところを、おかげさまで決定事項としてお知らせすることが出来ます。
会場は阿佐ヶ谷に移ります。阿佐ヶ谷ロフトAです。8月16日(土)です。時間はまだ決まってませんので追ってご案内いたします。
今度はネ申光臨かもしれないので今のうちからカレンダーに○を着けといてくださいまし。

そんなこんなで、これからも伊勢田勝行さんをみんなで盛り上げて行こうではありませぬか!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。