スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
『伊勢田大博覧会4』は11月28日(土)なんだから!

■「伊勢田時空、発生!」
映像温泉芸社が満を持してお贈りする噂の超絶イベント、
伊勢田大博覧会が「聖地」シネマボカンに帰ってくる!

■ひにち 11月28日(土)
■開場14時40分■開演15時
■会場 シネマボカン(BARガリガリ)
■アクセス 京王井の頭線 池ノ上駅徒歩0分
■座席数 50席
■料金 1,500円(前売券・当日券ともに)
■入場予約 事前の入場予約はありません。前売券、もしくは当日券をお買い求め下さい。
※前売券の販売数が定員に達し次第、当日券の販売はありません。

■上映作品(全作品字幕付き)
 瞳の奥のレジェンド
 1/2編ミューズ
 他

■司会 酒徳ごうわく(映像温泉芸社)/他
■特別ゲスト有り(予定)

■前売券の販売について
(1)都内自主映画上映会会場にて販売予定
(2)メールにてお申し込み頂いた後、銀行口座にお振り込み(準備中)

■お問い合わせ hanapikuあっとまーくnifty.com

以下に本イベントの総合プロデユーサーをつとめます、インボーマン氏からのメッセージを転載しますよ。

「ロフトじゃないの?」「1,500円の料金設定って強気じゃね?」と思われた方、実はそこが今回の肝なんです。
これまでシネマボカン時代も含めて、伊勢田監督にはコミケ参加のための上京ついでにイベントに登場してもらいました。

で、問題。
・コミケ開催中を狙う以上、どうしても夜のイベントにならざるを得ない(客層がかぶるから)。
・終了時刻を考えると、伊勢田監督を交えての打ち上げが満足にできない。
・コミケ最終日に向けて体力を温存したい方には敬遠される。

で、我々の結論が、「コミケと別の日程で伊勢田大博覧会を開催する」になりました。
そうすると伊勢田監督の旅費を捻出する必要があるわけです(ここからかなりぶっちゃけた内容になります)。
ところがロフトさんでのイベントだと、そこまでの上がりが出ないんですね。
環境的にはロフトプラスワンがベストだとは思うんですが・・・。

検討の結果、シネマボカンで1,500円の料金で満員になれば、会場費と伊勢田監督の旅費がペイするということが判明。
そして終了が18時なので打ち上げもたっぷりできる。
ただ会場のキャパが50人なので、入れないお客さんが出る可能性もあるのがネックではあります。

そんなこんなでいまさらですが、特別ゲストとは伊勢田監督のことです。
そして今回は打ち上げも含めて伊勢田大博覧会です。
皆様ご期待の「あれ」が見られると思いますので、ぜひ最後までおつきあいのほどよろしくお願いします。



「ご期待のアレ」については次回。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。